江東区豊洲のマンション売却予定のあなたへ!

ひよこ(教授)

江東区豊洲といえば、高層マンション群が立ち並び、東京オリンピックに向けて、不動産価格が上昇する町です。

住環境もよく、特にタワーマンションともにかなり高額で売れる傾向があります。

なので、不動産業者選びで失敗すると数百万円の損をする恐れがあるため、以下の3つのポイントを抑えましょう!

不動産を高く売るための”3つ”のポイント

①時期

家を売るなら「1月~4月の春がいい」と言われていますが、
実際は売りたい!と思ったときがベスト!

理由は、依頼~販売活動~決済~引渡しまで3ヶ月~6ヶ月以上かかるためです。

そのため、準備だけでもすぐに始めましょう。
※家の価値は時間とともに値下がりしていきます。

②業者選びを間違えない

駅周辺の地元の不動産屋さん~大手不動産屋さんまで
かなりの数の業者があります。

ですが、得意・不得意があるため、適用に選ぶことで高額査定から遠のく可能性があります。

③不動産の一括査定サイトを利用

1件ずつ問い合わせも面倒ですし、その業者がマンション・戸建の売買が得意とは限りません。

そこで、不動産一括査定サイトを利用して、たった1分でまとめて業者さんに依頼をしましょう。

複数社へ依頼することで、どの担当者が信頼できるか? 売却活動をしてくれるか?
比較検討することができます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

【コラム:豊洲の魅力を買主さんにアピールしましょう!】

“豊洲の範囲は広くはないのですが、その中には人気の複合商業施設や遊歩道があり、観光地としての魅力は多彩です。

多彩な魅力は、近隣のお台場と比較しても劣ることがないため、今でも根強い人気を誇っています。

もともとは海になっていた場所で、埋め立て工事によって新たに造成された経緯があることから、
全体的には平坦な地形になっています。

そのため、晴海大橋の急坂を別にすれば、サイクリングやウォーキングがしやすい環境になっています。

電車を使ってアクセスする場合には、有楽町線の豊洲駅で下車して、開放的な環境が特色の豊洲公園に訪れてみてはいかがでしょうか。

この公園は晴海運河に面しているのが特徴ですから、多くの船舶を眺めることができます。

東京湾にも接している影響で、夏場であっても涼しい海風が流れている場所でもあります。

晴海運河の反対側には豊洲運河もありますが、こちらも快適な環境が特徴で、

川沿いには親水空間が設けられています。周辺で買い物をした後には、この遊歩道を散策することもおすすめです。

豊洲にある商業施設では、アーバンドックららぽーと豊洲が代表的です。

再開発で新たな街並みが作られる段階で、このような商業施設が設けられ、人気の観光地になった経緯があります。

周辺には東急ハンズやスーパービバホームもありますので、この場所では衣食住に関する品物の多くを入手できます。

銀座や月島などの近隣都市と比較しても、道路や歩道の幅も広いですから、複数の店を行き来しやすいことも魅力です。