北区赤羽のマンション・戸建を売りたいあなたへ!

ひよこ(教授)

北区赤羽は東京の北の玄関口!

住環境もよく、戸建て・マンションともにかなり高額で売れる傾向があります。

なので、不動産業者選びで失敗すると数百万円の損をする恐れがあるため、以下の3つのポイントを抑えましょう!

不動産を高く売るための”3つ”のポイント

①時期

家を売るなら「1月~4月の春がいい」と言われていますが、
実際は売りたい!と思ったときがベスト!

理由は、依頼~販売活動~決済~引渡しまで3ヶ月~6ヶ月以上かかるためです。

そのため、準備だけでもすぐに始めましょう。
※家の価値は時間とともに値下がりしていきます。

②業者選びを間違えない

駅周辺の地元の不動産屋さん~大手不動産屋さんまで
かなりの数の業者があります。

ですが、得意・不得意があるため、適用に選ぶことで高額査定から遠のく可能性があります。

③不動産の一括査定サイトを利用

1件ずつ問い合わせも面倒ですし、その業者がマンション・戸建の売買が得意とは限りません。

そこで、不動産一括査定サイトを利用して、たった1分でまとめて業者さんに依頼をしましょう。

複数社へ依頼することで、どの担当者が信頼できるか? 売却活動をしてくれるか?
比較検討することができます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

【コラム:北区や赤羽の魅力をアピールしましょう!】

北区は武蔵野台地の北部に位置し、起伏のある丘がある一方で、荒川沿いには広大な河川敷を有することが特色です。

このおかげで、都心部にある割には自然が豊かで、レクリエーションを行うための環境が充実しています。

実際に暮らすことになると、春には赤羽の桜堤で花見をしたり、秋には桐ヶ丘中央公園で紅葉を楽しむこともできます。

観光地には中世以来の歴史を有する場所も多く、稲付城跡が代表的な史跡として知られています。

かつては太田道灌も活躍した場所ですが、近代の時代になると、赤羽では河川改修が頻繁に行われるようになりました。

観光地の一つになる旧岩淵水門は、1924年に竣工した利水施設です。

現在では新しい青水門と対比させる形で、旧岩淵水門は赤水門と呼ばれて親しまれています。

赤水門は夕日を浴びると輝きが増して、隅田川と荒川周辺のランドマークとして存在感を発揮します。

赤羽には数多くの交通網が充実して、通勤や通学がしやすいことも魅力ではないでしょうか。

武蔵野台地と荒川低地の境目では、埼京線と東北本線の路線が分岐しています。

赤羽駅には高崎線や宇都宮線の電車も乗り入れして、乗り換えの要衝になっています。

一方で、地下鉄路線では南北線も開通していますから、選べる種類が多彩です。

北区の赤羽で暮らすことになれば、都心の主要都市へは短時間で移動できます。
交通至便な環境を好感して人口が増加した影響で、赤羽駅の周辺では商業施設が充実していることも魅力です。