練馬区のマンション・戸建を売りたいあなたへ!

ひよこ(教授)

練馬区は戸建て・マンションともにかなり高額で売れる傾向があります。

そのため、不動産業者選びで失敗をすると数百万円の損をするかもしれないため、以下の3つのポイントを抑えましょう!

不動産を高く売るための”3つ”のポイント

①時期

家を売るなら「1月~4月の春がいい」と言われていますが、
実際は売りたい!と思ったときがベスト!

理由は、依頼~販売活動~決済~引渡しまで3ヶ月~6ヶ月以上かかるためです。

そのため、準備だけでもすぐに始めましょう。
※家の価値は時間とともに値下がりしていきます。

②業者選びを間違えない

駅周辺の地元の不動産屋さん~大手不動産屋さんまで
かなりの数の業者があります。

ですが、得意・不得意があるため、適用に選ぶことで高額査定から遠のく可能性があります。

③不動産の一括査定サイトを利用

1件ずつ問い合わせも面倒ですし、その業者がマンション・戸建の売買が得意とは限りません。

そこで、不動産一括査定サイトを利用して、たった1分でまとめて業者さんに依頼をしましょう。

複数社へ依頼することで、どの担当者が信頼できるか? 売却活動をしてくれるか?
比較検討することができます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

【コラム:練馬区を語る】

練馬区は東京23区の西部に位置し、武蔵野台地の地形が特色になる地域です。

水はけが良い関東ローム層の地質も特色になっているため、かつては練馬大根の大産地として有名でした。

様々な影響で現在の生産量は大幅に減少していますが、伝統的な江戸野菜を保存するために、今でも一部の農家で作られています。

練馬区は人口が密集する23区内にありながらも、多くの農地が残されていることも特色です。

練馬区内には地元産の農産物を扱う店も多く、観光地としても人気を集めています。

自然が豊かな観光地では、石神井公園も魅力的ではないでしょうか。

この公園は石神井川沿いにあり、武蔵野の豊かな自然が保全されているのが特徴で、都民にとっての憩いの場としても機能しています。

石神井公園にある三宝寺池は、都心にあるとは思えないほどの静寂に包まれ、
疲れた現代人を癒やしてくれるスポットになっています。

さらに、東側にある石神井池の景観も美しいもので、ボート乗り場も含めて楽しめる観光地として親しまれています。

練馬区の観光地の中では、光が丘公園も人気が高く、季節を通じて様々なイベントが開催されることでも有名です。

周辺には都営大江戸線の光が丘駅があるだけでなく、東武東上線の沿線からも近いため、交通至便な環境に恵まれた観光地でもあります。

春の季節になると、練馬区の光が丘公園は花見の観光地としても人気を集めるようになります。秋の季節には、練馬区の紅葉スポットとしても注目されています。