品川区のマンション・戸建を売りたいあなたへ!

ひよこ(教授)

品川区は戸建よりもマンション(集合住宅)の世帯数のほうが多い印象があります。

どちらにしろ、不動産業者選びで失敗をすると数百万円の損をするかもしれないため、注意が必要です。

まずは、以下の3つのポイントを抑えましょう。

不動産を高く売るための”3つ”のポイント

①時期

家を売るなら「1月~4月の春がいい」と言われていますが、
実際は売りたい!と思ったときがベスト!

理由は、依頼~販売活動~決済~引渡しまで3ヶ月~6ヶ月以上かかるためです。

そのため、準備だけでもすぐに始めましょう。
※家の価値は時間とともに値下がりしていきます。

②業者選びを間違えない

地元の不動産屋さん~大手不動産屋さんまでかなりの数の業者があります。

ですが、得意・不得意があるため、適用に選ぶことで高額査定から遠のく可能性があります。

②不動産の一括査定サイトを利用

1件ずつ問い合わせも面倒ですし、その業者がマンション・戸建の売買が得意とは限りません。

そこで、不動産一括査定サイトを利用して、たった1分でまとめて業者さんに依頼をしましょう。

複数社へ依頼することで、どの担当者が信頼できるか? 売却活動をしてくれるか?
比較検討することができます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

【コラム:品川区を語る】

「子育てするなら品川区」のスローガンの下、23区内の中でも保育園が充実しているなど、子育てしやすい環境を率先して整えている区といえるでしょう。

交通の便が非常によく、羽田へのアクセスもしやすく、働き盛りの共働き子育て世代としては、心地よく住みやすい街として大変人気が高い街です。

品川区の魅力は、住み心地の良さが一つあげられるでしょう。

品川区は、「品川宿」として栄えた旧東海道沿いは、品川神社などをはじめ多くの神社や寺があり、下町情緒を感じる店も多く残っています。

週末になると、東海道巡りのツアーが開催され、多くの観光客で賑わいます。

運河沿いには、老舗の屋形船も多く、東京湾をクルージングしながら、美味しいお酒と料理を頂いて、いつもと違った視点、海から東京の景色を眺めることができるのです。

ファミリー向けの観光地としては、「しながわ水族館」がお薦めです。

イルカやアシカショーが定期的に開催されており、スロープも多く設置されているのでベビーカーでの来園も安心して見学できます。

品川区在住だけでなく品川在勤の入場料割引サービスもあるので、賢く利用するといいでしょう。

また品川区は映画やドラマのロケ地として多く場所を提供しているので、
映画やドラマのワンシーンで見た景色を散歩しながら楽しむこともできます。

品川区の特色の一つとして、区立でありながら小中一貫校を義務教育学校として設置したり、
外部評価を導入したりと、特色ある学校作りに力を入れているといえるでしょう。

小学校も選択して越境して通うこともできるのも品川区の特色の一つといえるでしょう。

独自の教育方針で国際交流、英語教育にも力を入れています。