女性(疑問)

太陽光発電用のソーラーパネル付きの家を売るとき、高額査定になるの?

ひよこ(教授)

毎月の売電成績や買主さんの希望によります。

3.11以降、太陽光パネルがブームになり、オール電化住宅も珍しくない時代。

そんな中、仕事や家庭の問題で、家を手放すことになった・・・

そこで今回は太陽光パネルを設置していると、家の査定時に有利になるのか?ならないのか?
徹底解説いたします。

太陽光パネルを引っ越しは現実的ではない?

「次の新居へ太陽光パネルごと持っていける?」
と疑問を持つ人はかなり多いです。

結果から言うと、費用がかなり高額となるため、下手をすると新パネルを設置した方が安く済むかもしれません。

【費用】

  • パネル&パワーコンディショナー撤去工事費用
  • 新居への運搬費用
  • 新居の部屋の設置費用

と格安の業者で60万円~80万円くらいかかります。

ひよこ(虫眼鏡)

エコキュート・IHクッキングヒーター・太陽光パネルは3種の神器です。

買主さんが住むときも、オール電化のわけですから太陽光パネルがないと、オール電化のメリットを生かしきれません。

ですから、買主さんが拒否しない限り、太陽光パネルを載せたまま売却したほうが双方ともにメリットになります。

昼間は太陽の光で電気を作り、深夜は安い電力でエコキュートのお湯を沸かす・・

太陽光パネルがなくても問題はありませんが、オール電化の本領発揮するためにはこの3種の神器が必要です。

太陽光パネル=高く売れる?

「屋根の太陽光パネルがイヤだから取り除いて!」

といった変わった買主さんはごくわずか。減額になることはほとんどはずです。

※パネルが破損・パワコンが不調といった場合は、減額になるかもしれません。

ひよこ◎

逆に、1年間の発電量・売電量の”成績表”を提示することで、査定額がアップするかもしれません

担当する仲介不動産屋さんの”腕”にもよりますが、太陽光パネルが載っている・・・抽象的なセールスポイントではなく、

「年間の発電量や売電量は◎◎円で、これだけ特なんですよ」

と”具体的な数値”をアピールすることで、太陽光未経験の買主さんなら興味を持つ確率がかなり高いです。

補助金は返金? 保証は引き継がれるの?

太陽光パネルを設置した際に受け取った、補助金の全部 or 一部は返金する必要があります。

補助金を受けた場合、法定耐用年数(17年)の期間は補助対象システムを保守・管理する必要があり、補助対象としたシステムに関し、その全部または一部を取り外す、または手放すなどの処分する場合は、申請が必要です。この手続きについては、補助金の一部返還を伴います。

※設置してから17年を超えている場合は手続き不要です。

参照元:太陽光発電協会、財産処分承認申請の手続きについて

URL:http://www.jpea.gr.jp/j-pec/process/disposal.html

また、パネルの保証は基本引き継がれますが、念のため太陽光パネルのメーカー直接問い合わせてください。

知識と実績ある”不動産仲介業者”選びが重要

不動産仲介業者は町中探せばすぐに見つかります。

ですが、そうした太陽光発電のような付帯設備について知識や売買仲介実績がある業者とは限りません。

ひよこ(本を読む)

無料で利用できる不動産一括査定を利用すれば、たった数分で複数の業者に査定依頼が可能です。

メールや電話連絡の際、太陽光パネル付きの戸建て住宅を取り扱った経験があるのか? 質問をすることで、のちのトラブルを防ぐことも可能です。