一人暮らしよりも老人ホームのほうが安全

老人ホーム

70代:男性

自宅を処分→老人ホームへ入った体験談

妻は5年ほど前に先だたれ、子供は海外(※イギリス)で結婚したため、
私の住む家には、寂しいかな、私ひとり暮らしです。

60代後半から、持病のヒザの関節痛がひどくなり、
近所のスーパーへ行くのもやっとの思い。

妻が元気なときは、代わりに行ってもらいました。
しかし、妻がいなくなった現在、買い物すらやっとの思いでいけるくらい。

そこで、体中にガタがきて動けなくなる前に
数年前から構想していた、有料の老人ホームへの入居を検討し始めました。

先に入るか? 後に入るか?

一番の問題は「費用と入居のタイミング」です。

入居一時金など、数百万円以上かかるため、先に自宅を処分しないと
経済的に厳しいケースがほとんど。

先に自宅を売却することの問題点は、買主さんが引渡し時期を急いでいる場合です。

売買代金を受け取り、引渡しをするのは当然ですが、次の住みかである老人ホームへの
入居タイミングを間違えると、路頭に迷う恐れがあります。

ただ、私の場合は、貯蓄と息子からの援助援助で、老人ホーム入居のための費用は工面できました。

そのため、ゆっくりホームを見学できましたし、審査や支払いなども滞りなくすみ、入居日の1ヶ月前くらいから
売却することにしました。

不動産はまったくわかりません

私は、また住宅購入経験はあるものの、家を売った体験はなく、
また、生まれてこの方、賃貸住宅に済んだこともありません。

そのため、不動産業者さんとは自宅を購入したときにお会いしただけで、
まったくの素人。

その話を息子にすると、ネットで家の売却依頼ができるサイトがある、とヤフーメールで送ってきました。

不動産の一括査定サービス

駅前にある商店街の不動産屋さんや、大手企業の不動産屋さんまで、
一度に自宅売却の見積依頼ができる、というすごいサービスです。

最初は「本当に無料なのか? 本当にまとめて依頼ができるのか?」
半分疑った状態で依頼をしました。

※疑って失礼しました。

色々やり取りをしてた結果、2社に絞り、最終的には”同じようなケースを取り扱ったことがあります”
とのことで、某有名な不動産屋さんと仲介契約を結びました。

売却まで6ヶ月かかってしまった

これは不動産屋さんというより、私に原因があります。

家を売らないといけない、とはわかっていたのですが、安い値段で手放すのはどうしても
許せない気持ちがあったからです。

妻との思い出が詰まっておりますし、人生で1回きりの自宅売却ですから、
相場よりも少し高めの設定で売りに出し続けていました。

ですが、3ヶ月経過しても売れず(※1度内覧にきたご夫婦がいらっしゃいました)

担当の方に「お気持ちはわかりますが、このままだとずっと空き家のまま残ってしまいます」
と、相場+100万円まで下げ、5ヶ月目で2組内覧され、結果的に相場+約50万円で売れました。

※具体的な金額は差し控えさせてください。

早めに見切りをつけないと

私は老人ホームへの入居が決定してから、売りに出したため、
時間に余裕がありました。

ですが、実際は逆で、売れてから入居という手順がほとんど。

つまり、時間的にあまり余裕がないケースが多いため、
強気の売却希望額を続けるよりも、ある程度見切りをつけることも重要だと思います。

参考になったかどうかわかりませんが、
読んでいただきまして、ありがとうございます。