女性(疑問)

不動産屋さんは気に入ったんだけど、媒介契約はどれがいいのかしら?

ひよこ(教授)

業者側は”専属選任媒介”がいいと進めてきます。
本当にそれでいいのか?解説します!

3つの媒介契約を簡単に解説

一般 専任 専属専任
他社依頼 複数 1社 1社
自分で探す ×
契約期間 自由 3ヶ月以内 3ヶ月以内
レインズ掲載 任意 7日以内 5日以内
報告義務 任意 2週間に1回 1週間に1回
メリット ・選択肢が増える
・囲い込みを防止できる
業者用の取引 ・営業活動に力が入る
・契約期間に限りがあり、緊張感がある
デメリット 営業活動に力が入らない 業者用の取引 対応がイマイチな業者だと、時間の無駄

一般媒介契約

何社へも”浮気OK”の状態です。

ひよこ◎

【メリット】

  • 複数の業者へ依頼が可能(※囲い込み防止)
  • 依頼と同時に、自分でも買主を探せる

ひよこ×

【デメリット】

  • レインズ(※指定流通機構)への登録は任意
  • 積極的に売却活動をしてくれない
  • 活動報告は任意

「不動産屋さんはたくさんあるから、比較検討してみよう!」

といったケースで依頼する人が多いです。

ですが、恋愛と同じで業者側も
「浮気をしているなら、あなたに尽くしても裏切られるかもしれない・・・」

と営業活動(※広告を出すなど)を鈍化する恐れがあります。

【具体例】

  1. A社:2000万円
  2. B社:2000万円
  3. C社:2000万円

ど「よーいドン!」で仮に同じ価格でスタートしたとします。

ですが、3ヶ月たっても売れず・・・

B社「1800万円に値下げしませんか?」
あなた「わかりました。」

と値下げに踏み切った翌週、見事1800万円で売れました!

ただし、買主を見つけてきたのは・・・C社!

女性(疑問)

え?B社が値下げ交渉をして納得してもらったのに、依頼はC社?!

ひよこ落ち込む

はい。これだと、B社が広告費や労力が無駄になります

女性(疑問)

ちょっとかわいそう・・・

ひよこ(教授)

仲介手数料が報酬のすべてですから、B社はボランティア状態です

専任媒介・専属専任媒介

浮気NG!でも専任媒介は自分で買主も探せる契約!

ひよこ◎

【メリット】

  • 純愛のため、業者は必死に売却活動をする
  • レインズ(※指定流通機構)への登録で買主が見つかりやすい
  • 活動報告は義務
  • 有効期限があるため、緊張感がある

ひよこ×

【デメリット】

  • イマイチな業者を選択してしまう恐れがある
  • 囲い込み(※両手)の恐れアリ

女性(疑問)

あなただけ見つめています・・・そう言われたいわよ!

ひよこ(本を読む)

そうですよね。それに、有効期限があると、プロ野球の契約更新みたいで気合が入りますよね。

女性(疑問)

専任媒介・専属専任媒介、最大の違いは?

ひよこ(教授)

専任媒介は自分で買主を探せるんですよ。

女性(笑顔)

へ~! でも、私の知り合いで買ってくれる人いないな・・・

ひよこお礼

B:これは同業、つまり不動産屋さん同士で結ぶ契約だから、個人で結ぶ人は滅多にいないです。

だから、あまり気にしないでください

専任媒介は
「ウチの物件で誰が買ってくれる人いないかな? 
他社に依頼はするけど、自社でも購入希望者を探すね」

といった業者向けの契約です。

どの契約がいいの?

ひよこ(教授)

あなたの家が”人気物件”で自信がある場合は、一般媒介

他は専属専任媒介にしましょう。

業者も「この物件なら、高く&早く売れそう」と査定をした瞬間にわかるものです。
また、運よく「ウチに相談に来ている買主さんにピッタリ!」となる可能性が高いからです。

女性(笑顔)

なるほど。
一般媒介だと、他社に取られるリスクがあるかもしれないけれど、簡単に買主が見つかるなら、営業活動もほぼ不要よね。

専属専任は1~1.5ヶ月くらい

女性(疑問)

あれ? さっきの表グラフだと、3ヶ月契約じゃなかった?

ひよこ(虫眼鏡)

B:よく見てください!3ヶ月”以内”です。極端な話、1週間だけでもOK

専属専任の最大のデメリットは「ハズレ業者を引くこと」

もしハズレを引いて、3ヶ月も家の売却活動が鈍れば・・
精神的&経済的に損をします。

ひよこ(教授)

相手はプロで口が達者。なんとでも言いくるめられます

そのため、テスト期間として1~1.5ヶ月くらいの契約を申しこみして、
短期間の間に満足できたら、次は3ヶ月・・・

とすることで、リスクを最小限に抑えられます。