女性(疑問)

家を売るタイミングって難しそう、いつがいいのかしら?

ひよこ(教授)

今でしょ! と某有名塾の講師が言っていますが冗談ではなく、本当です

家を売るなら春(2月~4月)がいい!
と聞いたことはないですか?

確かに、引越しシーズンで不動産市場が活発化するため、
チャンスといえます。

ですが、それは不動産の”賃貸”で、売買はまったく異なります。

【理由:ゴールまでの期間が異なるため】

  • 賃貸:すぐ借りたい(最短1週間も可能)
  • 売買:すぐ売れない(最短1ヶ月~長くて2年間)
女性(笑顔)

え?最短1ヶ月でも売れるの?それなら、後でもいいでしょ?」

ひよこ×

価格が安くてもいい!猛ダッシュで売りたいのでかまいません。

女性(疑問)

それはちょっと困るわ・・・

今回は、家を売るタイミングについて詳しく解説をいたします。

3段階に分けましょう

  1. 超高速(※安くてもいい):1ヶ月以内
  2. 急いでない(※高く売りたい):6ヶ月以内
  3. いつでもいい(※粘って高額!):1年~2年

家を売る以外、何かを達成するためには
ゴールを設定し、そこから逆算して、いつごろ売るか計算することが大切です。

※担当者と信頼関係が重要

もし超高速を希望でしたら、

不動産一括査定を利用後、すぐに売りたいと申告すれば、
1ヶ月以内も可能かもしれません。
(※おうちの価値によります)

>>なぜ家を売るのか? 理由を明確化

【例】ダイエットにたとえると

■理由:お気に入りの洋服が切れなくなった! 悔しい!

■目的(ゴール):元のサイズまで戻す!(※8キロダウン)

■期間:8キロ落とすなら、余裕をもって5ヶ月前くらいからスタート

適当にランニングをすればもしかしたら、痩せるかもしれませんが(汗)

”家を売るための計画・タイミング”がいい加減だと、
何百万円も損をする可能性があります。

※何千万円~規模の取引ですから、無計画・博打感覚で行くと、大損をします・・・

一般的には3ヶ月~6ヶ月ほど

不動産屋さんに依頼してから売れるまで
一般的に3ヶ月~6ヶ月くらいかかります。

また、あなたが「もっと高く買ってくれる人が現れるかも・・・」
と粘りに粘った場合、1年以上かかることも。

※ある程度、妥協も必要です。

人気物件は別

駅チカ・スーパー・コンビニあり、地価も安定している・治安も良い
築浅・評判が良い地域・・・

いわゆる”人気物件”でしたら、強気で価格をスタートしても
1ヶ月以内に買い手がつくと思います。

(※高額&高速も可)

ひよこ◎

家の価値に”根拠のある自信”がある方は
すぐに売れる可能性”大”

相場を知る&仲介依頼料は無料?!

最低でも3ヶ月~6ヶ月前に、不動産屋さん探しをしたほうがいい理由は
家がすぐに売れないかもしれないため。

女性(疑問)

買主さんを探すためにお金がかかるから、依頼料とか高いんでしょ?

ひよこ驚く

なるほど!早めに依頼すると、余計は費用がかかって不安ということですよね?

女性(笑顔)

そうそう!なんか不動産屋さんへの依頼って高そうよね・・・

今回のような”家の売却を仲介してくれる不動産屋さん”は

売買が成立したら”仲介手数料”を受領できます。

つまり、家の売買契約に至らなければ、費用はかかりません。

※特別な宣伝活動をする場合は別途かかることも

また、不動産の一括査定サイトも無料でできるため、
金銭的なリスクはありません

最後に:担当者と早めに活動を始めましょう!

ひよこ(教授)

心&依頼予定の不動産屋さんの準備もあるため、
思い立ったときがベストです。

準備が遅れることで・・

  • 売れるタイミングで売れなくなる
  • 営業活動があやふやになる(※担当者のそりが合わなくなる)
  • いざ!というときに本当にいいのか? 迷いがでる

今日から行動をスタートしましょう。