女性(疑問)

35年で組んだ住宅ローン・・・・

でも離婚とか、仕事の関係で引越しした場合、残債があると家は売れないのかしら?

ひよこ(教授)

売れる場合・売れない場合があるため、
詳しく解説しますね!

借りたお金は返すのが”原則”

例えば3000万円を借りたら、利子を含めて全額返済するのが原則です。

ひよこ落ち込む

ですが、実際に問題、家を売ったお金で支払いをしても、残債が消えないケースが多々あります

※ローン残債なしで売る人のほうが珍しい(?)です

残債 < 売却価格+諸経費ならOK

例えば残り1000万円の住宅ローンがあり、1300万円で売れれば問題ありません。

ですが、自宅の売却価格が800万円。

となると200万円は持ち出しが必要になります。

※別途、仲介手数料&その他諸経費が数十万円かかります。

【関連】売買の仲介手数料はいくら払うの?割引・値下げは可能?

女性(疑問)

貯金がたくさんあったり、親から援助を受けられる場合ならいいけど・・・

数百万円もの大金を一度に支払うのは厳しいわね・・・

ひよこ(本を読む)

それに、家を売ったとしても返済額が多き過ぎるオーバーローンだと、売ることができません。

※家の抵当権が外れないので勝手なことができません。

具体的な対策は?!

対策のためのステップ

①我慢して住み続ける

離婚の場合は、片方(※夫 or 奥さん)が住み続けて支払いを継続する方法です。

デメリットは精神的な苦痛と、時間が過ぎるほど家の価値が下がっていくことです。

②親・友人に一生に一度の土下座をする

土下座は一生に一度きり、と割り切って、
親や友人から、負担分の一部を借りる方法です。

デメリットは信頼を失ってしまう点です。

③賃貸として貸す

駅チカで治安がよく、スーパーもすぐ側にあり、リビングも広い!

とアピールポイントがあるなら、思い切って賃貸物件にするのもいいかもしれません。

デメリットは上手く運営でいるかどうか、それとリフォームなど賃貸物件用にキレイにするための
費用がかかります。

※投資に見合うかどうか? 難しいところです。

④副業をする

副業を認めている会社であれば、土日や祝日など、アルバイトをしながら返済していく
残債を少しずつ減らしていく方法もあります。

最終手段は”任意売却”

ひよこ(教授)

家を売却したものの、残りの住宅ローンを一括返済するのは難しい・・・

といった場合、任意売却をおすすめします。

ローンが支払えないで競売にある場合は、相場以下と格安で処分されてしまいますが、
任意売却なら通常に売ることができます。

また銀行などの債権者と相談をして、残債を分割返済できるメリットがあります。

相談先は不動産屋さんへそのまま依頼をするか、不動産さんに経由で専門課(※司法書士や弁護士の先生など)
を紹介してもらう方法がおすすめです。